オリーブオイルは絞った後の処理方法により、いくつもの種類やランクに分かれています。

オリーブオイルにはどんな種類があるの

オリーブオイルは、オリーブの果実を熱を加えずに絞り採油します。
その製法、等級により名称が違います。

オリーブオイル

 

 

オリーブの果実を絞りだしたままの状態のもので、ろ過をする程度で、化学処理などは一切行われません。
熱を加えずにつくられます。

 

やや緑がかった色でフル-ティーな芳香と強いコクがあります。
生で、ドレッシングなどに使用したり、そのままパンにつけるなどの使用方法が適したオイルです。

 

酸度(オイルの酸化の度合い)により4つの段階に分けられ

 

  • エクストラバージン  (酸度0.8%以下)もっともフルーティーで、風味があり酸度の低い上質のオイル。
  • ファインバージン   (酸度2.0%以下)エクストラバージンの次に上質で、風味があり、フルティーなオイル。
  • オーディナリーバージン(酸度3.3%以下)良好な食味、香りを思っている。
  • ランバンテバージン  (酸度3.3%以上)食用には不向きで精製の必要がある。

 

 

精製オリーブオイル。

 

バージンオリーブオイルを酸化還元したものや、2番絞りのオイルを精製したオイルです。
もともとは、酸度が3.4パーセント以上のバージンオリーブオイルを精製し酸度を0.3%以下に科学的に酸化還元して作られます。

 

バージンオリーブオイルの搾りかすを有機溶剤を使いオイルを抽出したものは、精製オリーブポマースオイルと言います。

 

 

ピュアオリーブオイル。

 

精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルを混ぜ併せたもの。
黄金色でブレンドの比率は、メーカーによって異なります。

 

劣化しにくく、炒め物や、揚げ物などの加熱用に適しています。

 

エクストラバージンに比べると、安価で、一般的にオリーブオイルという名前で販売されています。

 

 

オリーブオイルの保存。

 

バージンオリーブオイルの緑色は、クロロフィルの色で、日光により黄色に変色することがあるため
保存は、日光の当たらない所で、冷暗所に保存します。

 

ビン自体の色が、光を通さないようになっているものでない場合は、光を遮断するようにアルミホイルをまくようにします。

 

また温度が低すぎると、白く固まることがあるので、冷蔵庫に入れて保存はしないようにします。
油は、空気に触れると酸化するので、新鮮なうちに使い切るようにしましょう。

 

オリーブオイルの効能について