オリーブオイルには、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすオレイン酸を、70%も含んでいます。

オリーブオイルの効能 その1

オリーブオイルには多くの効能があり健康に良い油です。
 ⇒オリーブオイルの種類についてはこちら

 

特に注目する、有効成分は、多く含まれるオレイン酸です。

 

オリーブオイルの効能 動脈硬化予防。

 

オリーブオイルに含まれる、オレイン酸は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。

 

オリーブオイルはオレイン酸を70%も含んでいます。

 

 

コレステロール

悪玉コレステロールは、脂ののった肉やバター等の動物性の脂肪等の飽和脂肪酸の多い食品を多く食べることで増える傾向にあります。

 

悪玉コレステロールは、余分なコレステロールを血管に運びこの悪玉コレステロールが酸化し血管壁に付着すると動脈硬化や、高血圧、などの原因となります。

 

善玉コレステロールは、この過剰なコレステロールを回収する働きがあり、動脈硬化の予防効果があります。

 

 

悪玉コレステロールの酸化が問題にになりますが、オリーブオイルには、抗酸化効果のある、ビタミンA、ビタミンE ポリフェノールなどがあり、酸化防止効果もあります。

 

 

抗酸化効果により、動脈硬化予防のほか、ガンの予防にも効果があります。

 

動脈硬化が原因で、血流障害、血栓がつくられ心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、腎硬化などが起こります。

 

動脈硬化は、高血圧、肥満、糖尿病などで、促進されます。

 

とても健康に良い、オリーブオイルですがカロリーは油なので高いため肥満の場合は摂取量に気を付けるようにします。

 

 

脂質を摂る場合はオリーブオイル中心で、肉や、バターなど動物性脂肪の摂取が少ない地中海型食生活で心疾患の発症率がとても低くギリシャのクレタ島では、この効能より長寿の島として知られておりその効果は、実証されています。


 

オリーブオイルの効能 血圧を下げる。

 

オリーブオイルは血圧を下げる効能があります。
高血圧の症状のある患者の食事療法にオリーブオイルを使い高血圧の改善効果があるという実験結果も出ています。

 

オリーブオイルの効能 腸内環境を整える。

 

オリーブオイルは消化を助け腸の動きをスムーズにし、便秘解消効果があります。

 

オリーブオイルのオレイン酸は、小腸では吸収されにくく、腸に刺激を与えると言われています。

 

この効能は、紀元前より知られており、地中海地方では民間療法で、子供の便秘などには、オリーブオイルをそのまま飲ませる習慣があります。