オリーブオイルに含まれるオレイン酸やポリフェノールは、抗酸化物が多く含まれ酸化されにくい油なので、美容に良いオイルとして良く使われています。

オリーブオイルの効能 その3

オリーブオイルには多くの健康に良い成分があり
アンチエイジング効果があります。

 

 

オリーブオイルの効能 細胞老化防止。

 

オリーブオイルには、ビタミンAビタミンEが含まれています。

 

これらのビタミンは、非常に強い、抗酸化作用があり活性酸素を消去し、細胞の老化を防止します。

 

抗酸化作用は、動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防、改善効果もあります。
オリーブオイルの辛味や、苦みは、ポリフェノールで、抗酸化作用があります。

 

オリーブオイルのオレイン酸は酸化されにくい油で、熱にも強く調理などでもあまり高い温度でない場合は酸化されにくい油です。

 

 

活性酸素を体内に発生させにくく、また、発生した活性酸素も、抗酸化性から消去する作用があります。

 

アンチエイジング

オリーブオイルに含まれる、ビタミンEは若返りビタミンと呼ばれ、アンチエイジング効果があります。

 

ビタミンEは血管の収縮を促す神経伝達物質の生成を抑え毛細血管を広げる作用があることから、末梢血管の
血流の改善効果があります。

 

 

血流が悪いことで起こる、冷え症、肩こり、しもやけ、痔などの改善効果があります。

 

血流が良くなることで、代謝も改善され、細胞の再生も正常に行われやすくなり、細胞の修正、再生を助けます。

 

 

オリーブオイルの効能 美肌効果。

 

美肌

オリーブオイルは肌に直接塗る事で、美肌効果があります。

 

オリーブオイルには、オレイン酸、植物性スクワラン、ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノールなどがふくまれています。
オリーブオイルを直接肌に塗ることで、肌が保護されます。

 

もともと、肌には皮脂が分泌され保護をする作用がありますが不足すると、カサカサした肌になります、

 

オリーブオイルは皮脂に近いため、敏感肌などの場合でもアレルギーを起こしにくくなっています。

 

オリーブオイルを使った石鹸やシャンプー、化粧品が多く作られています。

 

オリーブオイルには、オレイン酸が多く含まれ、同時に抗酸化物が多く含まれポリフェノールも含まれているため、酸化されにくい油です。

 

 

油が酸化していては肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

オリーブオイルの頭皮のマッサージオイルなどもあり、食品としての健康効果も重要ですが美容に良いオイルとして良く使われています。

 

オリーブオイルの効能 その1

オリーブオイルの効能 その2