直射日光が当たらない常温の場所や、紫外線の当たらない暗室に保管しましょう。

オリーブオイルが固まってしまったら

何かと利用する機会の多いオリーブオイルですが、最近では健康に良いという事で以前よりもオリーブオイルの需要は高まりつつあります。

 

オリーブオイルはどんな料理にも使える万能オイルとしても有名です。

>>オリーブオイルを使ったレシピ

 

しかし、寒い冬になると白く固まってしまうことが多々あります。
オリーブオイルの場合、0度以下にならなくても白く固まってしまうことがあり、そうなると非常に使いづらく感じてしまいます。
白く固まったオリーブオイルはゆっくりと溶かして使えば品質には特に問題はありませんが、すぐに使いたい場合は「湯煎」によって元に戻す方法がオススメです。

 

湯煎のやり方は自由ですが、基本的には鍋に水を入れて白くなってしまったオリーブオイルのビンをそのまま入れて温めていきます。
ビンの蓋は取っておいて水面がオリーブオイルの量より少しだけ下になるようにして温めます。

 

ただし、料理のたびに湯煎を行うのが面倒だという人は電子レンジを使って使いたい分量のオリーブオイルだけをチンして温めてしまえば湯煎と同様に白く固まったオリーブオイルを元に戻す事が出来ます。

 

ただし、オリーブオイルは白く固まったものを溶かして再び固まるという状態を繰り返しているとオイル本来の風味が低下して品質の劣化を招く恐れがあるので注意が必要です。

 

また、白く固まってしまったオリーブオイルを湯煎によって元の状態へ戻す場合は温度の高いお湯を使って急速に戻すのではなく、低めの温度でゆっくりとオイルを溶かしていく必要があります。
何故なら高い温度のお湯で温めるとオイル自体の温度を上げてしまうため、オイルの酸化を促してしまう可能性があるからです。

 

ちなみにオリーブオイルの適切な保管方法としては直射日光が当たらない常温の場所やオイルの劣化を避ける為に紫外線の当たらない暗室を選ぶのがオススメです。