保湿効果で入浴後の肌が乾燥することなく、しっとりとします。

お風呂にオリーブオイル

日本国内においてオリーブオイルは基本的に食用として利用される事がほとんどですが、最近ではその健康効果だけでなく「美容効果」にも注目が集まってきており、中には髪の毛のケアやスキンケアに使う人も数多く存在しています。

 

オリーブオイルには強力な抗酸化作用を持つオレイン酸やビタミンEなどが豊富に含まれている為、食べて健康になるだけでなく皮膚や髪の毛に吸収させることで思わぬ美容効果を得ることも可能です。

 

しかし、オリーブオイルをそのまま直接お肌に塗布するとオイルでベタベタになってしまうため、最近ではオリーブオイルを「お風呂」に垂らして美容効果を求める人が女性を中心に増えてきています。

 

オレイン酸をたっぷりと含んだオリーブオイルをお風呂に垂らすとオイルがお肌を汚れや乾燥、アレルゲンから守るバリアとして機能してくれるため、ナチュラルでスベスベの美肌を手に入れる事が出来ます。

 

また、オリーブオイルには保湿効果も期待できるのでお風呂から上がったときにお肌が乾燥する事なく、しっとりとした仕上がりになるのも大きな魅力として挙げられます。

 

女性の多くはお風呂で洗顔を行うときに洗顔料やメイク落としを使って入念に顔の汚れを落としていきますが、こうした洗い方はお肌の乾燥や肌荒れを引き起こす原因になってしまう事があります。

 

洗顔

しかし、軽い洗顔後に500円玉くらいのオリーブオイルを手に取り、両手になじませてから顔全体にゆっくりと塗布していき、さらにマッサージを行いながらオイルを馴染ませていくとお肌の汚れを落とすと同時に皮脂と同様の働きをしてオイルがお肌を乾燥から守ってくれます。

 

オリーブオイルには強い抗酸化作用を持つオレイン酸やビタミンEがたっぷりと含まれているため、美肌効果も期待出来るのでオリーブオイルでの洗顔は非常にオススメです。